資料請求
パンフレット
Facebook
Twitter
LINE

グローバルリーダーを目指す

特徴的な教育

グローカル教育

小樽商科大学では、地域のグローバルリーダーを育成する「グローカル教育」にも力を入れています。

現在開講中の2年次から参加できる「グローカルマネジメント副専攻プログラム」とは別に、2021年4月から新しく「グローカルコース」が誕生します。

グローカルコース(2021月4月入学者からの新コース)

グローカルマネジメント副専攻プログラム(現在開講中)

 

グローカルコース

入学定員20名

「グローカルコース」は、地球規模の視野で学び、異文化理解に優れ、卓越した言語コミュニケーション能力を活用して、複雑化する地域社会の諸問題を解決するための資質を有す人材を育成することを目的に、2021年度から新たに設置するコースです。

小樽商大グローカル

小樽商大グローカル

カリキュラムの特徴

4年間を通じた徹底的なグローカル教育

初年次からゼミナール系科目を配置し、グローバルなビジネス社会で通用する人材を4年間を通じて育成します。

初年次までの留学を必修化
  • ギャップイヤープログラム(※)参加学生は、入学前に留学(5月~12月)
  • その他の学生は、初年次に事情科目(約1ヶ月間の海外研修プログラム)の履修が必修
留学生とともに英語で学ぶ科目を豊富に用意

多様な文化・価値観を持つ留学生とともに英語で意見を交わしながら学びあい、真のグローバルな人材を目指します。

グローカルコース

※ギャップイヤープログラム

  • 目的:海外での長期学外学修を通じ、国際感覚の涵養や自律的な学習習慣を確立。
    入学後の地域志向科目の履修や更なる留学等を経て、高い資質を持った「グローカル人材」となることを期待。
  • 入学を1年猶予し、海外留学プログラムを受講します。
  • 対象者:5名以内(グローカル総合入試合格者の中から、対象者を選考)
  • 研修先:ハワイ大学カピオラニコミュニティカレッジ(予定)
  • 派遣期間:事前指導(3~5月)、海外研修(5月~12月)
  • 費用負担:対象者の学費・生活費等の一部を補助予定
  • 要件:一定の語学力が必要(英検2級A、TOEIC650、TOEFL500以上)
ギャップイヤー

選抜方法(試験実施時期未定)

グローカル総合入試(昼間コース)

区分 一般枠 理系枠
定員 15名 5名
出願要件 英語認定試験又は従来型の英検の受検し、CEFRの段階別評価においてB1以上であること ・英語認定試験又は、従来型の英検の受検・数学Ⅲの履修
共通テスト 課さない
個別学力検査等 第一次選抜/書類選考(調査書、本人が記載する資料、志望理由書、英語認定試験又は、従来型の英検のスコア)第二次選抜/口頭試問(日本語及び英語)
その他必要書類 調査書

 

 

グローカルマネジメント副専攻プログラム

グローカルコース以外の学生が参加可能です。

2年次から本格スタートする1学年30名だけのスペシャルプログラムで、地域と世界で活躍するビジネスパーソンの育成を目指し、特に次の3つの力を育成します。

  • 地域を理解する力・実践力
  • 世界で通用する経営の専門知識
  • 異文化理解・言語能力

このプログラムに参加する学生は卒業所要単位(124単位)だけでなく、さらに12~30単位が必要となります。苦労は増えることになりますが、周りの学生より大きく成長できる可能性があります。

修了生の就職先例

日本オラクル、三井住友海上火災保険、三井住友ファイナンス&リース、東京海上日動火災保険、 全日本空輸、東海東京証券、電通、NTTドコモ、ニチレイロジグループ、三井住友信託銀行 など

プログラムの内容

グローカルマネジメント副専攻プログラム
グローカルマネジメント副専攻プログラム