資料請求
パンフレット
Facebook
Twitter
LINE

私たちが求める学生像。

大学院

アドミッションポリシ- Admission Policy

求める学生像と入学者選抜方法

アントレプレナーシップ専攻(専門職大学院課程)

小樽商科大学大学院商学研究科は、学術の理論及び応用を教授研究し、その深奥を極め、又は高度の専門性が求められる職業を担うための深い学識及び卓越した能力を培い、文化の進展に寄与する人材の育成を目的としています(小樽商科大学大学院学則第1条より)。
 アントレプレナーシップ専攻では、地域の産業と経済の活性化に資するビジネス・リーダー及びビジネス・イノベーターを育成することを目的として、以下のような方を受け入れます。

◎求める学生像
(1)社会人で、新規事業開発や事業革新、あるいは既存組織の改革を目指している人
(2)医歯薬理工系大学出身者や研究者で、技術シーズで新規事業を開発したいと思っている人
(3)社会人、学生、留学生で、起業家への夢を抱いている人

◎入学者選抜方法
本専攻では、医歯薬理工系大学の出身者を含む多様な分野・経歴の人が受験できるよう、受験者の経歴に応じて、「一般入試」、「社会人入試」、「組織推薦入試」の3種類の入学試験を実施しています。また、入学試験は、以下の4点を重視し、それぞれの入学試験に応じて、筆記試験、小論文、口述試験、面接試験、志望理由書により総合的に判断します。

(1)地域の現状に対する問題意識を持ち、地域活性化に対する熱意・意欲があること
(2)組織経営に関わる知識・スキルを習得する努力を惜しまないこと
(3)質の高いディスカッションを行うための広範な社会常識及び地域・経済動向に対する洞察力を備えていること
(4)事業構想や問題解決に不可欠な、多面的な観点からの発想を向上させる努力を惜しまないこと


現代商学専攻

小樽商科大学大学院商学研究科現代商学専攻は、「学術の理論及び応用を教授研究し、その深奥を極め、又は高度の専門性が求められる職業を担うための深い学識及び卓越した能力を培い、文化の進展に寄与する人材の育成を目的とする。」(小樽商科大学大学院学則第1条)という理念に基づき次のような人を求めています。

◎求める学生像
【博士前期課程】
(1)社会科学諸分野の研究を深く追求し、研究者を目指す人
(2)生涯教育の一環としてテーマ研究を行おうとする人
(3)高度な英語コミュニケーション能力を身につけ、社会科学の専門知識を国際的に活かそうとする人
(4)高等学校教諭等の専修免許状(英語・商業)を取得することで、専門分野における深い学識と高度な技能を教育現場で活かそうとする人

【博士後期課程】
(1)複合的で多様な現代ビジネスの諸問題を深く追求し、研究者を目指す人
(2)高度職業人として国際社会および地域に積極的に貢献しようとする意欲のある人

◎入学者選抜方法
本専攻では、求める学生像に合致した人材を幅広く見出すために、以下の入学試験を実施しています。
【博士前期課程】
受験者の学修歴等に応じて、「一般入試」、「特別入試」、「外国人留学生特別入試」、「社会人特別入試」の4種類の入学試験を実施しており、それぞれの入学試験に応じて、学力試験(専門科目及び外国語科目)、面接試験、成績証明書、志望理由及び研究計画書により、現代の多様で豊富な内容をもつ商学分野における広い視野と知識、語学力を総合的に判断します。

【博士後期課程】
受験者の学修歴・研究歴等に応じて、「一般入試」、「社会人入試」、「進学者選考」の3種類の入学試験を実施しており、それぞれの入学試験に応じて、口述試験、成績証明書、研究業績等及び研究計画書により、研究者としての素養及び専門的知識に裏打ちされた深い見識を総合的に判断します。