資料請求
パンフレット
Facebook
Twitter
LINE

さあ、一生涯の友をつくろう。

キャンパスライフ

サークル・部活

70以上の団体から選べる

本学は部活・サークル活動が盛んで、体育系と文化系を合わせると70以上の団体があります。また、海上で活動するヨット部など、海沿いの街ならではの部活があることも特徴と言えるでしょう。

少しだけ学生から活動内容の紹介がありますので、本学に入学後、どんな活動がしたいか想像を膨らませてみてください。自分達でサークルを立ち上げることもできますよ!

文科系
AIRS(アカペラサークル)

楽しくにぎやかに歌いましょう!

AIRS(アカペラサークル)

AIRS(アカペラサークル)

私達アカペラサークルAIRSは、歌うことが好きな1~4年生約120名が集まって楽しくにぎやかにアカペラを練習しています!(^^♪

声だけで音楽を作るアカペラは、大学に入るまでほとんど全員が未経験。しかしAIRSから北海道を超え、活動しているメンバーもいます!

大会を目指し本格的に活動するもよし、仲間と気楽にアカペラを楽しむもよし!またアカペラだけでなく、海キャンや合宿、クリスマスパーティーなど一年通して様々なイベントを楽しめる、盛りだくさんなサークルです!

文科系
生協学生委員会

たくさんの可能性がここから!

生協学生委員会

生協学生委員会

私達は1、2年生を中心に約50名で活動しています!主な活動としては、新入生歓迎企画の「よろず家」、オープンキャンパス、入学準備説明会などなど…まだまだここに書ききれない活動もたくさん行っています。新しい企画に挑戦するもよし、今ある企画をより良くするもよし、たくさんの可能性を秘めているのがこの学生委員会です!メンバーはとっても個性的で仲良しです笑。メンバー同士の絆が先輩後輩関係なく深まります!

大学生活を充実させたい!企画・運営興味ある!一生の仲間が欲しい!なんか面白そう!などなど思った方はぜひ生協学生委員会へ!!

文科系
YOSAKOI「翔楽舞」

地元に根差したチームを目指して

YOSAKOI「翔楽舞」

YOSAKOI「翔楽舞」

私たちは、小樽商大の学生チームです。振り・衣装・曲・地方車・小道具などを全て自分たちで考え、演舞を作り上げています!

また、地元小樽に根ざしたチームを目指し、日頃からボランティア活動や演舞披露を行っています。毎年6月に行われているYOSAKOIソーラン祭りでのファイナルステージ進出を目標に、日々練習に励んでいます!応援よろしくお願いします!

体育系
トランポリン競技部

「非日常の空中体験」をキミも!

トランポリン競技部

トランポリン競技部

トランポリン競技は、10本の演技を繋いで得点を競うスポーツです。さまざまなスポーツの練習に用いられているトランポリンですが、どんな技があるのでしょうか?トランポリンは足はもちろん、背、腹、膝、四つんばい、腰で跳ぶことができます。また、捻りや姿勢を変えることによってたくさんの技ができます。 基本的な技として、開脚跳び(ストラドル)、閉脚跳び(パイク)、抱え跳び(タック)などがあります。

私たち、小樽商大トランポリン競技部の部員は、ほとんどが大学から始めた「初心者」です。 大学に入って新しいことをしようと思った方には、ピッタリです!「非日常の空中体験」、してみませんか?

体育系
ラグビー部

究極のチームスポーツにトライ!

ラグビー部

ラグビー部

現在ラグビー部は選手21人、マネージャー10人で活動しています。ラグビーは大学から始める人が多いスポーツで、カレッジスポーツと呼ばれています。選手14人が大学から始めた人でも実際に試合で活躍しています!痛そうとかルールが難しいとか思われがちですが、実際にやってみるとそういったことを忘れてしまうくらいラグビーは魅力があります。その魅力の一つは、究極のチームスポーツであることです。15人で行うラグビーは一人ひとりが違う役割をもっていて、全員で試合を作ることが勝利の鍵となります。全員いなくてはいけない選手であり、全員がヒーローです。この他にもたくさんラグビーには魅力があるのでぜひ練習場に足を運んでくださいね!

体育系
應援團

我々と共に小樽商大生を応援しよう!

應援團

應援團

小樽商大應援團は今年で106代目を迎える伝統ある団体です。普段は試合を控えた体育会系の団体への壮行会、競技応援などをメインに活動しております。週に3、4回程度の練習があり声出しや演舞などを行っています。應援團といえばかなり厳しそうなイメージをお持ちの方が多いと思いますが、兼部をしている人がほとんどでありバイトや学業を疎かにすることなく充実した学生生活を送っています。

我々應援團はいつでも団員を募集している!應援團の一員となって我々と共に商大生を応援しようではないか!!